1. ホーム
  2. 求人検索
  3. 求人詳細

電気機器設計開発業務/大垣電機株式会社

最終更新日時:2021/11/17 0:00

求人情報

求人タイトル
電気機器設計開発業務
就業場所
〒503-1322
岐阜県養老郡養老町西岩道414

GoogleMapで表示

アクセス方法・最寄駅・バス停及び特記事項など
養老鉄道 烏江駅 徒歩20分
業種
電力開閉装置製造業
職場の人間関係や職場の雰囲気など
少人数で若い世代の職場
雇用形態
正社員
雇用期間
無期
職種
電気機器設計・開発・試作試験
仕事・業務内容
電気機器(開閉器類)の
 
 設計
 試作
 検証
求人人数
若干名
勤務日
月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日
(当社カレンダーより、年間数日 土曜出勤日あり)
就業時間
8:15~17:00
休憩時間
12:00~12:45 (15:00 ~ 15:05  休憩時間あり)
裁量労働制
休日
土曜日、日曜日、祝日、その他
(年間数日土曜日出勤)
残業(時間外労働)
有  5.00時間(月平均)
給与
月給
基本給:165,000円~200,000円
研修中:165,000円~200,000円
所定労働時間
165.00時間
昇給(前年度実績)
有 (3000 ~ 4500 )
賞与(前年度実績)
有 (第75期 年3回 3.57か月)
通勤手当
有 (50000まで)
その他手当
有 (精勤手当 6000円 家族手当 子供18未満一人あたり 3000円  二人まで)
加入保険に関する特記事項
健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、
退職金制度
有 (勤続6年以上)
定年
有 (65歳) (70歳まで再雇用制度あり)
自動車通勤
福利厚生
永年勤続表彰 10・20・30年
改善提案報奨金制度
資格取得祝い金支給制度
就業に伴い直接雇用者へ給付される公的機関からの助成の有無
内閣府の地方創生推進交付金(移住・就業・企業タイプ)を活用した移住支援金対象の別
対象外
必要な学歴
高卒以上
必要な経験
未経験者でも可ですが、電気機器関連に興味がある方
必要な免許・資格
なし
求める人材像
食わず嫌いではなく、何事にも興味がある方
歓迎要件
出来れば、電気工学系の学卒者が良い
年齢制限

例外事由 3号 イ(キャリア形成)
制限年齢:35歳未満
キャリア形成のため
試用期間
有 (3か月間)
障害者雇用
応募方法
随時募集受付
メール・電話 受付可
応募受付:電話番号
0584-34-1111
応募受付:メールアドレス
yoshikawa.hiroyoshi@ogakidenki.co.jp
※メールを送る場合は@(全角)を@(半角)に置き換えてご利用ください
求人情報の詳細ページ
https://www.kyujin.jinzai-gifu.jp/application/visitor/search/detail.php?job_info_control_id=3882&subsidy=0
採用担当者
管理部
吉川弘良
情報提供元
岐阜県求人データベース ジンチャレ!求人 ぎふ
求人掲載期間
2021/6/21 0:00 ~ 2022/2/28 0:00
最終更新日時
2021/11/17 0:00

企業情報

法人番号
7200001014947
法人名
大垣電機株式会社 (おおがきでんきかぶしきがいしゃ)
住所
〒503-1322
岐阜県養老郡養老町西岩道414

GoogleMapで表示

代表者名
代表取締役社長  梅村幸正
資本金
89,200,000円
従業員数
95人
設立年月日
1946-02-27
本社の業種
その他の産業用電気機械器具製造業(車両用,船舶用を含む)
上場区分
非上場
平均年齢
44.7歳
従業員に占める女性の割合
27.0%
平均年収(単位: 千円)
4,000,000円
有給消化率
40.0%
離職率
5.0%
Webサイト
http://www.ogakidenki.co.jp
法人の特徴
当社は昭和21年設立以来、電力の安定共有を使命とし、「スイッチのOGAKI」として電力配電網や高圧受電構内に於ける高圧スイッチをはじめ、キュービクル式高圧受配電設備など配電システムに於ける高圧電気機器メーカーとして発展をしております。     
本社・工場は、孝子の滝伝説で有名な養老の地に約一万坪のヤードを有し、東海環状自動車道 養老ICから車で約一分とアクセスも良好な地で、本社や全国各営業所で製品・サービスをご提供しております。鈑金一枚から加工に取組み、完成工業製品製造まで一貫生産体制の下、販売まで手掛け、安全・確実なOGAKIの製品を提供しているカンパニーです。
その他の情報
・勤務形態は日勤のみで、「交代勤務」はありません。
 安心して、「ワークライフ・バランス」にうち込めます。
・年間休日117日以上、中小企業としては充分な「ゆとり」を
 感じることができます。
・3月に「前年4月~2月の企業業績」に応じて、全社員均等に  
 「決算賞与」を支給することとしております。

関連情報